メニュー

お知らせ

日本東京幹細胞移植治療研究所ブログを更新しました。 [2024年7月16日15時14分更新]
学術活動:糖尿病とアルツハイマー
糖尿病とアルツハイマーの合併に対して [2024年7月16日15時13分更新]

糖尿病とアルツハイマーの合併例に対して、院長執筆の世界初の治療報告論文がアクセプトされたので、ご報告します

A Severe Alzheimer’s Disease Patient Improved by Intravenous Mesenchymal Stem Cell Transplant 

 

日本東京幹細胞移植治療研究所ブログを更新しました。 [2024年7月13日18時15分更新]
自閉症はいつわかる?自閉症の原因と症状・年齢別症状について解説
日本東京幹細胞移植治療研究所ブログを更新しました。 [2024年6月15日13時24分更新]
発達障害・自閉症スペクトラムへの遺伝子検査が必要?
日本東京幹細胞移植治療研究所ブログを更新しました。 [2024年6月10日18時07分更新]
自閉症スペクトラム・臍帯血と臍帯血保管法について解説

お知らせ

日本東京幹細胞移植治療研究所ブログを更新しました。 [2024.07.16更新]
学術活動:糖尿病とアルツハイマー
糖尿病とアルツハイマーの合併に対して  [2024.07.16更新]

糖尿病とアルツハイマーの合併例に対して、院長執筆の世界初の治療報告論文がアクセプトされたので、ご報告します

A Severe Alzheimer’s Disease Patient Improved by Intravenous Mesenchymal Stem Cell Transplant 

 

日本東京幹細胞移植治療研究所ブログを更新しました。 [2024.07.13更新]
自閉症はいつわかる?自閉症の原因と症状・年齢別症状について解説
日本東京幹細胞移植治療研究所ブログを更新しました。 [2024.06.15更新]
発達障害・自閉症スペクトラムへの遺伝子検査が必要?
ロンドンでの再生医療に関する講演  [2024.04.25更新]

院長がロンドンで再生医療に関する招待講演を行いますので、5/9~14まで臨時休診となります。(お電話、メールによる問い合わせは5/9~11,14は受け付けております)

患者さまの感想  [2024.04.03更新]

患者さまの感想をアップしました

プレスリリースのお知らせ、世界初の報告  [2024.03.13更新]

この度、脊髄損傷における幹細胞投与後に血管再生が生じたことを実際に確認した世界初のケースを発表しましたので、報告します。既に幾つかのマスメディアで掲載されております。(プレスリリースですので、時間経過でリンクは無効になりますので、ご承知願います)

   朝日新聞、徳島新聞 https://www.topics.or.jp/ud/pressrelease/65f11e4caf6d343bf9000001

   BIGLOBEニュース https://news.biglobe.ne.jp/economy/0313/dre_240313_6842618419.html

   EXCITEニュース https://www.excite.co.jp/news/article/Dreamnews_0000295439/

 

幹細胞治療の効果についての解説動画  [2024.03.10更新]

幹細胞治療の効果についての動画をアップしました

youtubeにて解説動画の配信  [2024.03.05更新]

youtubeにて幹細胞治療につての解説動画を時々アップしていこうと思います。

慢性疼痛  [2024.01.01更新]

慢性疼痛に対する幹細胞治療の感想をアップしました 

幹細胞治療の実例です

一覧はこちら

 

もう治らないと諦めていませんか?
幹細胞治療という選択肢があります

幹細胞治療①

幹細胞治療とは、傷ついた組織を修復するために、体の色々な組織に分化することができる細胞を利用する治療です。

何らかの原因で傷ついた組織を自分の細胞で修復する治療の性質上、今まで改善する術の全くない、もしくは非常に難しい病気(自閉症、脳性麻痺、運動障害などの脳の病気から、心不全、肝硬変など)に対して、改善の可能性を提供できる治療になります。

 

なぜ骨髄からの幹細胞治療にこだわるのか?

幹細胞治療②

幹細胞を採取する方法は、骨髄以外にも脂肪や臍帯血など色々な箇所から取れます。ですが、私たちは骨髄からの幹細胞治療にこだわっていきたいと考えています。理由は以下の通りです。

  • 骨髄幹細胞治療は、がんの治療などに使われるものも含めると幹細胞治療の中でもっとも歴史の長いものであり、効果などが確立された治療法である点
  • 骨髄は、造血幹細胞、間葉系幹細胞、ミューズ幹細胞など多様な幹細胞を含んでいる点

骨髄液の採取は、痛みを伴うようなイメージがあるかもしれませんが、当院では適切な麻酔の使用のもと、採取する際の吸引圧を調整するなど数々の工夫を加えることにより、できる限り痛みのない治療にこだわっています。

 

診療時間

受付時間
11:00~19:00

日曜・月曜休診

書籍出版のご案内

 海外での幹細胞治療に関しての講演

学術論文の発表

小児幹細胞治療セミナー2023.9.3

交通案内

 東京都中央区銀座4-3-9 クイーンズハウス8階

※同一の住所にふたつのビルが存在するのでご注意ください。アプリで検索するともう一つの建物に案内されます。アプリではなく、当方からの案内に沿ってご来院ください

Please note that there are two buildings in the same address. By using apps, it leads you to the another building, not ours. Please follow OUR instruction, not internet.

New  clinic  in London : coming soon

関連施設

当下記は、幹細胞治療において緊急的な対応が必要になった場合、もしくは入院や精密な検査が必要な際の、保険診療の元で行う治療のバックアップ医療機関です。(幹細胞治療は下記の病院では行っていません。銀座クリニックと下記病院が連携しております。医師の派遣、受け入れなどの意味での提携は行っておりません。当院の医師は普段は東京大学医学部付属病院、慶応義塾大学医学部付属病院、NTT関東病院などに勤務していますが、個人の意思で当院で働いており、病院として医師を派遣しているとか提携しているということではございません)

 

このほか救急対応が必要な場合は、聖路加病院虎の門病院などに紹介受診をいただく可能性がありますが、相当ハイリスクの持病を持ったケースにも幹細胞治療を行っていますが、緊急搬送が必要となったケースは現在まで1例もございません。

当院で行っている治療

・各種疾患に対して幹細胞治療を行っています。

詳細は「当院の特徴」のページをご覧ください。

紹介先・提携病院

当クリニックは、下記医療機関と緊密な診療連携を結んでいますので、入院や精密な検査が必要な際には、適切なタイミングでのご紹介が可能です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME