メニュー

お知らせ

サッカー北朝鮮代表の安柄俊選手の来院 [2022年11月30日15時32分更新]

サッカー北朝鮮代表の安柄俊選手が幹細胞治療のため来院されました。

ご来院ありがとうございました。

ロンドンに新規クリニックをオープンします [2022年11月9日10時22分更新]

現状ヨーロッパを含め海外からの問い合わせも多く、そのニーズに応えるため当院の治療の一部を行えるクリニックが来月ロンドンにて開院予定です。

脳性麻痺に対するお父様の感想をお聞きしました [2022年11月8日12時01分更新]

脳性麻痺に対する幹細胞治療のお母様の感想をお聞きしました [2022年10月8日16時08分更新]

骨髄幹細胞投与から2ヶ月後の経過観察時のインタビューです。この度はインタビューご協力ありがとうございました。

元サッカーオリンピック代表谷口選手 [2022年10月4日23時23分更新]

元サッカーオリンピック代表谷口選手の治療から1年後のインタビューの様子を公開しました。

お知らせ

院長ブログを更新しました。 [2022.11.30更新]
サッカー北朝鮮代表のサッカー北朝鮮代表の安柄俊選手が来院されました
サッカー北朝鮮代表の安柄俊選手の来院 [2022.11.30更新]

サッカー北朝鮮代表の安柄俊選手が幹細胞治療のため来院されました。

ご来院ありがとうございました。

院長ブログを更新しました。 [2022.11.09更新]
ロンドンにて当院と同様の治療が一部行える新規クリニックがオープンします
ロンドンに新規クリニックをオープンします [2022.11.09更新]

現状ヨーロッパを含め海外からの問い合わせも多く、そのニーズに応えるため当院の治療の一部を行えるクリニックが来月ロンドンにて開院予定です。

院長ブログを更新しました。 [2022.11.08更新]
脳性麻痺の治療後のご両親の感想をアップします
脳性麻痺に対するお父様の感想をお聞きしました [2022.11.08更新]

脳性麻痺に対する幹細胞治療のお母様の感想をお聞きしました [2022.10.08更新]

骨髄幹細胞投与から2ヶ月後の経過観察時のインタビューです。この度はインタビューご協力ありがとうございました。

元サッカーオリンピック代表谷口選手 [2022.10.04更新]

元サッカーオリンピック代表谷口選手の治療から1年後のインタビューの様子を公開しました。

アルスター大学医学部教授が遊びに来てくれました [2022.08.25更新]

普段より医学知識のアップデートでお世話になっているイギリス、アルスター大学DrAli教授が遊びに来てくれました。銀座の日本料理屋で楽しい時間を過ごさせていただきました。英語が話せると世界が広がる、ということは医学でも同じですね

てんかんの合併のある脳性麻痺、PVLの治療例 [2022.08.17更新]

てんかんの合併のある脳性麻痺、PVLの治療例に関してのブログをアップしました

幹細胞治療の実例です

もう治らないと諦めていませんか?
幹細胞治療という選択肢があります

幹細胞治療①

幹細胞治療とは、傷ついた組織を修復するために、体の色々な組織に分化することができる細胞を利用する治療です。

何らかの原因で傷ついた組織を自分の細胞で修復する治療の性質上、今まで改善する術の全くない、もしくは非常に難しい病気(自閉症、脳性麻痺、運動障害などの脳の病気から、心不全、肝硬変など)に対して、改善の可能性を提供できる治療になります。

 

なぜ骨髄からの幹細胞治療にこだわるのか?

幹細胞治療②

幹細胞を採取する方法は、骨髄以外にも脂肪や臍帯血など色々な箇所から取れます。ですが、私たちは骨髄からの幹細胞治療にこだわっていきたいと考えています。理由は以下の通りです。

  • 骨髄幹細胞治療は、がんの治療などに使われるものも含めると幹細胞治療の中でもっとも歴史の長いものであり、効果などが確立された治療法である点
  • 骨髄は、造血幹細胞、間葉系幹細胞、ミューズ幹細胞など多様な幹細胞を含んでいる点

骨髄液の採取は、痛みを伴うようなイメージがあるかもしれませんが、当院では適切な麻酔の使用のもと、採取する際の吸引圧を調整するなど数々の工夫を加えることにより、できる限り痛みのない治療にこだわっています。

 

診療時間

受付時間
11:00~19:00

日曜・月曜休診

書籍出版のご案内

交通案内

 東京都中央区銀座4-3-9 8階

New  clinic  in London : coming soon

関連施設

当施設では再生医療新法において届け出が必要な治療と必要でない治療というものを明確に分けて行っています。関連クリニックでは 、再生医療2種で3種類の届け出を国に行い受理されています。毎年厚生省に定期報告を行い、その中でも1種類に関しては日本最多症例級を誇ります。
こちらでは、いわゆる再生医療新法において、届け出が必要な治療(すなわち細胞に対して培養などの加工を行う場合の治療)、および保険診療を行っています。再生医療の中でも届け出が必要なものとそうでないものがありますので、どうしても気になる方は再生医療新法の条文を御自身で全て読んだ上で厚生省や法律の専門家に問い合わせをしてください。(当院では詳細な法律の説明まではあまりに時間がかかりすぎるので行いません。)
メディポリス研究所 癌のNK細胞治療を紹介させていただいています。(こちらで幹細胞治療は行っていません)
下記は、幹細胞治療において緊急的な対応が必要になった場合、もしくは入院や精密な検査が必要な際の、保険診療の元で行う治療のバックアップ医療機関です。(幹細胞治療は下記の病院では行っていません。提携クリニックと下記病院が連携しております。医師の派遣、受け入れなどの意味での提携は行っておりません。当院の医師は普段は東京大学医学部付属病院、慶応義塾大学医学部付属病院、NTT関東病院などに勤務していますが、個人の意思で当院で働いており、病院として医師を派遣しているということではございません)
 
このほか救急対応が必要な場合は、聖路加病院虎の門病院などに紹介受診をいただく可能性がありますが、相当ハイリスクの持病を持ったケースにも幹細胞治療を行っていますが、緊急搬送が必要となったケースは現在まで1例もございません。

当院で行っている治療

・各種疾患に対して幹細胞治療を行っています。

詳細は「当院の特徴」のページをご覧ください。

紹介先・提携病院

当クリニックは、下記医療機関と緊密な診療連携を結んでいますので、入院や精密な検査が必要な際には、適切なタイミングでのご紹介が可能です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME