メニュー

脳性麻痺の患者に骨髄幹細胞を投与し、社会復帰を果たした症例

[2021.03.24]

12歳の脳性麻痺の患者に自己組織由来の骨髄幹細胞を投与し、6か月後にその効果をPET-CTスキャンによって観察し機能改善が確認され、自力で日常生活を行えるまで社会復帰を果たした症例を紹介いたします。

下記は、幹細胞の投与前後を比較した脳のCTスキャンです

幹細胞の投与前後を比較した脳のCTスキャン

より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME