メニュー

ご挨拶、医師紹介

当院は、治療手段のほとんどなかった難病に対して、東京大学、慶應大学出身らの幹細胞治療の経験豊かな医師らによる幹細胞治療を提供しています。特に、自閉症、脳性麻痺、1型糖尿病などの小児幹細胞治療、民間施設日本最多症例を保持しています。

先進医療を行うにあたり、何か「1人の医師の独りよがり」で行う事は危険だと思っています。治療方針、方法、安全性に関して、複数の医師から見て妥当である事、万が一のリスクにも十分対応できるスキルの医師を結集して治療にあたること、当院ではこれを大事にしています。

すなわち、先進医療である幹細胞医療に対して、「チーム幹細胞移植治療研究所」で望んでいきたいと思っています。当院のチームは「他の医師からみて、幹細胞治療を行うに十分な経験を持っている」と認められた医師のみで構成されていいます。

 

東京医科歯科大学医学部卒

 

 

一般社団法人 日本自閉症発達障害研究会 理事

再生医療委員会、議員

東京大学卒

著書:「いちばんやさしい幹細胞治療ハンドブック」

 

 

他、慶応大学、東京大学、広島大学医学部卒などで幹細胞治療にあたる医師が担当しています。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME